FC2ブログ

人と街と珈琲に戯れて・・・。

休日をゆっくりゆるく楽しんでいます。

頑張れ

Posted by 休日楽人 on  

気温は低かったものの朝からの快晴感は久し振り。明日は仕事となったので三日ほど前から今日のテニススクールのレッスンには参加しようと考えていたものの、待てど暮らせど少しもその気にならなかったのでレッスンの予約を事前にキャンセルし、今日は休養を取る日としました。『たまには身体を休めるのも大事なのよ。』と言われているものの、お昼近くまで寝ていてその後も家でゆっくり過ごすというようなことは私の場合逆に大きなストレスになってしまうため、テニススクールが雨天中止になった日のように駅前カフェでたっぷりサイズのドリップコーヒーを飲みながら一時間ほどメモを取り、その後は休日のお付き合いの方との親交をさらに深めたりしながら、平日に降りかかった悪い埃を取り除きます。それにしても新型コロナウィルス。かの地にいる友とは依然連絡が取れず・・・というより間接的に取ることはできるものの、これまでの付き合いの中で同じようなことがあったときもあえてそうした手段を取らないのが友の強い想い(絆)なので、今回のようなとても心配な事態においても耐えることでお互いの想いを確かめ合っている(試されている?)ところがあります。帰国予定日を過ぎても連絡が無ければさすがに焦りますが、きっといつものように成田に到着次第連絡をくれることでしょう。
200208.jpg

それもスポーツの魅力

Posted by 休日楽人 on  

『◯◯さん(私)ガットは何というものを使っているのですか?』『テンションはどれくらいで張っているのですか?』『◯◯◯のシューズなのですが・・・。』レッスンの最中にそのようなことをそっと聞かれることがあります。そうした質問をされるということはもっと上手くなりたいという向上心の表れなのでとても微笑ましく、そして聞かれる側とすればとてもうれしく光栄な気持ちになります。しかし試してみればわかることなのですが、ガットもそのテンションもラケットもその本人にしか合わないものなので、同じものを使ったところで逆に調子を落としてしまう可能性が高い。それでもそうしたことに興味を持つのは、”テニス熱心”のときなのは自身の経験でもわかります。ひょっとしたら自分のことを気にして頂けることは、テニスの技術が一つ向上することよりもうれしいことであると今さらながらに感じています。
200205.jpg

地球が落ち着かない・・・。

Posted by 休日楽人 on  

昨日は帰宅時に人身事故の影響によって某駅で一時間近く足止めとなり、それ以外にも、『(う~ん・・・。)』となることがあった一日で、そうしたことがある度に、『(良いことばかりあるわけないよな・・・。)』と思い直すのもいつものこと。今日のテニススクールは2コマ連続3時間のレッスンを予約。1コマ目はいつものように猛獣達を相手にかわすテニスに徹し、今回の猛獣狩りも大成功。2コマ目のクラスはいつものように優しくて楽しかった。帰宅後は洗濯と昼食を済ませてから所用のために出掛け、締めとして馴染みのカフェでコーヒーを飲みましたが、どうしたことか今日のコーヒーはちょっと温くてガッカリ。今回の休日もあっという間に終わってしまいましたが、良いことも悪いこともあった中でいろいろな方々との関わりや出来事全てに感謝の気持ちを持てました。今週からは公私共に少し慌ただしくなる”予定”。何もかも受け止めることだって生かされているということのうちだし、それはとても贅沢なこと・・・。。
200202.jpg

不適切、不手際、不信感・・・。

Posted by 休日楽人 on  

このところ生命保険の不適切販売だのデータ管理の不手際だのと信じられない事案が続き、まずは不信感ありきとなってしまう嫌な御時世になってしまいましたが、二月に入って今年はまだ一ヶ月しか経過していないのにすでに年度末のような感覚に囚われているのは、果たして良いことなのか悪いことなのか。暖冬とされている今冬ですが、私としては暖冬ということよりもとても雨が多い冬という感じがしており、愛用の折りたたみ傘は濡れていなければ軽量なものの、濡れてしまえばそこそこの重さになるので、折りたたみの傘を持たずに外出できる休日はとてもうれしい。今日からは基本的に土曜日はテニス無し男(なしお)の生活に変更。変化というものはそれによって新たな問題を生んだり、ときにはマイナスに向かうこともあるようですが、今ではそうしたことは若さ故に伴うもののように思っており、ここのところはそうした心のありようも新生活の醍醐味として楽しみなものでしかなく、そして結果も吉と出ることが多くなりました。テニススクールのレッスンを休んでも怖ろしく正確な体内時計に狂いが生じることはないのでいつもと変わらぬ時間に起床し、午前中はテニススクールが雨天中止になったときの生活パターンのようにいつもの駅前カフェでたっぷりサイズのドリップコーヒーを半分くらいまでは味わって飲み、その後はテニスショップにガットの張替依頼をしてから数件の所用をこなし、フレッシュガットになったラケットを受け取ってから一旦帰宅し、また次の所用に向かう・・・とここまでは特に問題のない一日ではあるものの、そうした中でも始終頭を離れないのは新型ウィルスの流行で大変なことになっているかの地にいる友のこと。この流行が一日も早く終焉に向かって欲しいし、無事に帰国できることを祈るばかり・・・。200201.jpg

五年周期

Posted by 休日楽人 on  

不思議なもので大体五年周期で自分試しがしたくなる。これまでは休日昼の10kmランニング、平日夜の5km、10kmランニング、何回かの禁煙などを行ってきましたが、一つのものを終えて次の五年後までにも、『(自分試し・・・。)』の文字は浮かぶものの全くその気にはなれず、しかし前回のものから大体五年が経つ頃になるといつも、『(やれる!)』となるから不思議。今回もある事が浮かんでやる気になったものの、いつもと違うのはもう一つやる気になったことがあったこと。しかし最初に思い浮かんで実行したことはいつもそうであるように最難関の初日と三日目(三日坊主目とも言いますが・・・)を何とかクリアしたのに、二つ目のものは初日の実行後即、『(ムリっ!)』で断念。『若い時の苦労は買ってでもせよ!』と言いますが、歳を取ると、『(ストレスに感じるものは排除!排除!ムリしてやってもいいこと無いから・・・。)』と自分に大して大甘なので、これまでの自分試しのときのようなストイックさは微塵もありません。果たして今回の自分試しはどうなることやら。これまた不思議なものでこれまでのどの自分試しも一年続けると自然消滅的に終了となるのですが、今回は力んでいない分もっと早く終わってしまう気がする・・・のも加齢から来る自分に対する甘さで・・・。
200129.jpg

このカテゴリーに該当する記事はありません。