FC2ブログ

人と街と珈琲に戯れて・・・。

休日をゆっくりゆるく楽しんでいます。

雨中のハッピーレッスン

Posted by 休日楽人 on  

昨夜は五時間ほどの睡眠時間が確保できたこともあって、『(まぁいいでしょう!)』という感じの目覚め感。昨日の31℃の秋晴れ?とは一変して今朝は小雨混じりの曇天でしたが、昨日常々探していた由紀さおりさんの曲が入った中古CDをゲットしてそれをカーステで聞きながらテニススクールに向かいましたが、曇天の朝に別れの曲を聞くというのはいかがなものか・・・。今日はレッスン開始前から小雨混じりの天気でしたが、中止になるほどではないといった状況。昨日のレッスン時に、『明日のクラスのTさんて、相手が近くにいようがスマッシュ打ってきません?』とクラスメートのKさんから聞かれ、『あのクラスは半分以上がそんなです(笑)』と私。『危ないっスよねぇ。』『だからそれなりにやってるんです。』と私。教えないし、注意もしないし、テニスが上手くなるために自分で学習しないしというナイナイ尽くしで危険が一杯の日曜日の朝一のクラスでのレッスンは、テニス以外に危険回避といったしたくもない学習もすることになります。今日も2コマ連続3時間のレッスンを予約。危険生物がウヨウヨいる1コマ目のレッスンではもらい事故の被害は最小限で済み、それとは真逆の非常に平和な2コマ目のレッスンに突入。ところが2コマ目のレッスンに入って間もなく雨が降り出し、テニスのボールはフェルトが濡れ出すとどうにもならなくなるのでコーチと参加者八名で急いでボールを拾ってから雨を避けられる場所に一時避難。その時点で私は、『(中止!中止!帰ろっ!)』と思っていたのですが、ジュニアの頃から当テニススクールに通っていて、一番若いのに一番ベテラン感があってテニススクールのアイドル的存在のとSちゃん(女性)が、『あっ!(雨が)上がってきましたよ!できる!できる!』とやる気満々で、周囲を見ると私以外の七名全員がやる気満々でレッスン再スタート。『(オレも昔はそうだったなぁ・・・。)』と一人だけ中止を願っていた自分を振り返りましたが、コーチとのマンツーマン練習であるボレスト(コーチがボレーで生徒がストローク)の練習時に、今日は八番目で最後だった私の前でまたもや雨が強くなり、『(これは無理だよ。)』と思っていたところコーチから、『◯◯さん(私)やっちゃいましょう!』『(えぇ~!!)』グリップは雨でかなり濡れていましたし、『(こんなのでやるのかよぉ・・・。)』と思っていたのですが、案の定最初のスイングでラケットがすっぽ抜け、コート内に設置してあって私の後方にあったプラスチック製のベンチに、『ドッカ~ン!!』と激突。それでも滑るグリップをガッチリと握って終えましたが、その時点で二度目の中断。『(これはもう無理だよ。絶対中止!)』しかしまたもやSちゃんが、『あっ!明るくなってきた!やれますよ!ここまで来たらずぶ濡れになりた~い!!』『(えぇ~!!!!!)』雨の勢いは弱くなったものの降り続く雨の中、皆が髪の毛までずぶ濡れになりながら、最後にそれぞれが3ゲームずつダブルスの試合をこなして終了。『楽しかった~!』『楽しかったね!』誰ともなくそのような声が上がっていましたが、終わってみれば私にとってもとても楽しく、コーチを含めて今日のメンバー、テニスの神様、そして雨にも?感謝したいレッスンになりました。テニススクールから帰宅後はシャワー・昼食とこなしてから外出。某ことに必要な書類等の作成に出向き、その後は次の休日からはいつもの生活ペースに戻ることもあって、いってみれば今日が最後の”自由時間”となるので、馴染みのカフェで、『(このドリップコーヒーの味)そろそろ飽きてきたな・・・。』などと考えながら、今週末から始まる元の生活に想いを馳せました。帰路では久し振りに風の冷たさを感じ、『(今度こそ本当に秋の到来かな?)』テニススクールで2コマ連続3時間、しかも雨中のレッスンで腕も腰もぶん回したことで、『(腰がイテイ、イテイ。)』な状態ですが、今夜も腹筋と体幹のトレーニングをしてから寝ることにしよう・・・。191006.jpg

休日楽人

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

該当の記事は見つかりませんでした。