FC2ブログ

人と街と珈琲に戯れて・・・。

休日をゆっくりゆるく楽しんでいます。

明日はどうなる

Posted by 休日楽人 on  

日本より早く緊急事態宣言解除を行った近隣国では、あっという間に元の生活リズムに戻ってしまったと伝わっていますが、今日辺りの様子では我が国も同じようで・・・。テレビのニュースなどからは早期の解除に対して危惧する意見や、『早くも第二波か!』といった話ばかりを報じていますが、何かと話題になっていたパチンコ店も営業を再開し、持ち帰りのみの営業となっていたカフェでは店内でくつろぐ様子が見て取れました。未だ鳴り止まぬ警鐘と街の様子にはかなりのギャップがあり、もう一つの待ったなしである経済活動の本格的再開となれば、専門家が言うところの新型感染症が流行した際に選ぶべき道は二つに一つしか無い(どちらも良い話ではありません)という話のいずれかに向かうことになるのかも知れません。本来楽観的というのはどちらかと言えば気分の良いものですが、緊急事態宣言解除後の今の状態はまるで落ち着きません。『電車内の手すりやポールには触らないで下さい。』『電車内に限らずいろいろなものを触った手で顔を触らないように!』といった話は相変わらずですし、原因を知りたくても発生源はきっと闇の中に葬り去られてしまうのでしょう。『人工的に作られたものらしくて、もう消すことは不可能らしいよ。』根拠の無い想像話に振り回されないようにしたいものの、『(そんなことが・・・。)』と思ってしまうことが悔しい・・・。2005303.jpg

新たな覚悟を

Posted by 休日楽人 on  

緊急事態宣言が全面解除となり、駅前の商店街を歩いているとパチンコ店やマッサージ店など続々と営業を再開した様子が見て取れました。しかし知り合いに会えば、『どう?』『どう?』『どんな感じ?』と未だに挨拶代わりのようにそれぞれの職場の勤務状況を尋ねることが続いています。この間のテレワークによってオンライン飲み会を満喫している方、ビックリするほど太ってしまった方(性別は控えますが・・・)、生活の変化から腰痛等を発症する方が増えたことで会社から腰痛体操の動画が送られてきているという方、テレワークの業務査定の厳しさに泣きを入れている方、さらには出勤再開時のうつ症状発症を不安視している方等、業種によって様々な問題?を抱えていると聞くのも初めてのケースなのかも知れません。諸外国と比較すれば感染爆発も無く新型コロナウィルスの感染拡大を抑え込んだとされている日本ですが、知れば知るほど依然として専門家ですらその実体を掴めない新型コロナウィルスの不気味さは増すばかり。”根絶や終息ではなく共存・・・。”一般的な風邪や季節性インフルエンザのように、そこにウィルスがあれば簡単に感染してしまうものなのかも知れません。『勝って兜の緒を締めよ!』ではなく、『勝ってもいないのに兜の緒を緩めるな!』感染者数0(ゼロ)という日は来ないという説もある中で、そうした日が続くことを願いたい。世界では依然として感染拡大どころか感染爆発が収まらない国もあり、新型コロナウィルスについての学習は今まさに始まったばかり。音も無く忍び寄り、気がつけば突然後ろに立っているような恐ろしい魔物の聞こえない足音に対して常に敏感でありたい・・・。
200527.jpg

元へ

Posted by 休日楽人 on  

『もう大丈夫でしょ!』周囲のポジティブな発言にその気になりたくなったものの、感染の拡大のみならずこの間に新型コロナウィルスがもたらした差別や偏見といった他者に対する攻撃性。明日5/25(月)に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の緊急事態宣言が解除になり、たとえこのまま収束に向かうにしても人の心に与えた悪影響は元に戻るのか・・・。一足先に解除となった他県の様子でもわかるように、新型コロナウィルス仕様の新たな生活様式によって現在の流れが良い方へ変わるとは思えませんし、今日もまたもや街中で揉めているシーンを見ました。ウィルスについても人々の心についてもとにかく明るい兆しが欲しい。経済の回復には諸外国との往来は欠かせません。このピンチを一転攻勢チャンスに変えて行けたら。全世界が元気に復活しますように・・・。
200524.jpg

あと少し

Posted by 休日楽人 on  

緊急事態宣言は未だ解除になりませんが、三ヶ月近く休業中であったカフェが持ち帰りのみの販売ではあるものの営業を再開。私の休日の珈琲時間はカフェという空間がもたらすリラックス感を求めている部分があるので、持ち帰りでは今ひとつ飲んだ気にはなれないものの、やはり缶コーヒーとは違う濃厚な刺激が脳細胞に響いた気がしました。緊急事態宣言で長引く外出自粛や経済の停滞によるストレスがいよいよ限界に近づきつつあるようで、世の中がますますギスギスしてきた気がしています。収束まであと少し。ワクチンの開発と供給が待たれます。
200523.jpg

狼狽えないように

Posted by 休日楽人 on  

令和2年に入ってから突然世の中を恐怖と不安のどん底に陥れた新型コロナウィルスですが、感染拡大が始まってからそろそろ半年。最初の頃は世界中の人々の命を奪うようなパンデミックにまで発展するとは誰も思っていなかったはずですが、専門家ですら現在に至っても、『未知のウィルスで・・・。』とか『新型なので・・・。』などとテレビ等で平気で発言するほどですから、『(今後)どうなるかわからないんです・・・。』と言ってしまえる初めてのことが現実に起きてしまって全てが手探り状態。パン類、カップ麺、トイレットペーパー、マスク、消毒関連商品がことごとく店頭から無くなり、咳ハラ、医療従事者やその家族の方々への差別や偏見、自粛警察なるものまで出現し、それによって子ども達がどのような影響を受けてしまうのか(どのような大人になってしまうのか)と考えると、今後の日本がとても心配になります。時代背景がそうさせてしまうのか、人間というものはとても脆いものなのだなと実感しています・・・。
200520.jpg

大丈夫?

Posted by 休日楽人 on  

マスクの値段が日に日に値下がりして通常の価格に近づいてきました。某国では無観客ではあるもののサッカーのリーグ戦が再開され、日本のプロ野球選手からは、『始まるぞ!』という力強い言葉が聞かれ、イタリアからはEU内から出入国の緩和という話も伝わって来ました。しかしその一方で、”緩み”の心配があり、休日の今日は驚くほどの緩みっぱなしといった状態が所々で見られました。『それみたことか!』とならないようにしたいし、第二波、第三波が来てその度緊急事態宣言が発令されて休業休校の事態となれば、世の中はそれこそ闇の中といった状態になってしまいます。『もう大丈夫!』とは思わないようにしたい。200517.jpg

共存

Posted by 休日楽人 on  

気がつけば五月も中旬。ここにきて夏日が続きましたが、まだ湿度が低いので汗を掻いてもすぐに乾くのでとても爽やか。そうした中での今日の雨は良いお湿りになると思いきや、梅雨の前段となる蒸し暑さを呼び込むものになるかも知れず、毎年のことながら熱中症がつきまとう夏に対して心身の事前準備を怠らないようにしたい。新型コロナウィルスの感染拡大による緊急事態宣言によって自宅勤務や外出自粛といった行動の制限も、ここにきての感染者の減少傾向で解除ムードに向かっていることもあり、ここ数日は今一度新型コロナウィルスそのものだったり出口戦略等の知識を深めるべく、録り溜めておいたテレビの情報番組等を頭に詰め込んでいましたが、科学を信用するのは大前提としても情報はあまりにも多岐にわたる。結局最後は◯◯◯◯という結論に至るので、冷静に正しく恐れながら免疫力を高め続けます。
2005162.jpg

前向きに

Posted by 休日楽人 on  

肉離れ等の怪我から回復するときに毎回起こる現象として、その前日までは再発させないようにとそれこそ腫れ物に触るが如く神経を尖らせていたはずなのに、突然たがが外れたかのように、”トン!トン!トン!ト~ン!”と階段を駆け上がってしまい、『(うっ!ヤベェ!何してんだオレは・・・。)』と自分でしたことにビックリする。しかしそれは本能から送られてくる回復のゴーサインのようなものらしく、無意識のうちにそのような行動が出るとほとんどそこで完治となっていることが多い。昨日の朝、新型コロナウィルスの感染拡大によって長らく義務づけられていて今や日常のルーティーンのようになっている出勤前と日中の二回の検温のうち、出勤前の検温が何故か突然頭から抜け落ちて忘れそうになり、家を出る直前に気づいて慌てて検温したものの、おそらくそれは新型コロナウィルス感染拡大に関して個人的に、『(あぁ・・・もう大丈夫なのかも知れないなぁ・・・。)』と感じ始めている証拠だと思いました。マスクもトイレットペーパーもここにきてようやく店頭に並び始めました。このまま収束から終息へ向かい、いずれ第二波が来たときには、『恐るるに足らず!』という世の中になっていることを切に願います。
200512.jpg

快活

Posted by 休日楽人 on  

ステイホーム週間ということもあって、『動かないのだから摂らない。』とこの間だけで数Kg痩せたという超ストイックな方もいれば、お目にかかった瞬間に、『(えっ?やべぇ・・・。)』と思ったほど明らかに肥えてしまっている方も。自宅勤務が続くこの間には昼休み時間に汗ばむ陽気を利用し、徒歩二十分ほどのスーパーに速歩で向かい、慌ただしく買い物をした後は午後の就業開始時間に間に合うように再び速歩で戻るという行動が微々たる運動となっていました。しかし、『(それでもまだ足りない・・・。)』と思ったときに、昔からやりたくて仕方が無かったことを実行に移しました。それは野球のバットスイング(素振り)。幼少の頃から長らく野球と親しんできましたが、度重なる肘の故障から手術までしたものの、最終的には重度の神経障害を起こすに至って野球は断念せざるを得なくなり(テニスにはほぼ影響なし)、おそらくもう二十年ほどバットは振っていませんでした。しかし剣の道を追求される方々が素振りという行為を習慣化されているのと同じように、私にとってはバットでの素振りはその行為をしただけで健康まで取り戻せるような気になる効力を感じます。しかしながら日常的には素振りができるスペースなど無いので、したいしたいと思っていてもなかなかできずにいました。そして運動ができないストレスがピークとなったゴールデンウィークの某日、まだ人が動き出さない早朝にテニススクールがある日はいつもレッスンに向かう前に軽く素振りなどを行っている高速道路脇のスペースに車で出掛け、何十年振りとなるバットスイングを行いました。まずはマスコットバットと呼ばれる素振り用の重いバットで私は右打ちなので右で二十回スイングをし、左右のバランスを取るために左で二十回スイング。その後三度の飯より草野球が好きだった頃に崇拝していた三冠王を三回獲得した某元プロ野球選手モデルの木製バットで同じく左右二十スイングずつ。それで充分。十代の頃は部活から帰宅してから毎日二百スイングを課していましたが、今それをしたらどこかを痛めてしまうでしょう。やはり元野球小僧はバットを振るだけで身体が活性化します。これからはテニススクールに向かう前にバットでの素振りも習慣化させるつもり。実はテニスをするよりも、ただ単純に野球のバットを素振りしていることの方が楽しかったりする・・・。
200510.jpg

また笑えるように

Posted by 休日楽人 on  

新型コロナウィルスの感染拡大による緊急事態宣言はまだ解除になっていないものの、諸外国の状況や我が国の政治家や専門家の発言から、『(そろそろ・・・。)』といった雰囲気を感じ取ったのか営業を再開する店舗も一気に増え出し、街はにわかに”新型コロナウィルスによる緊急事態宣言解除前夜祭”的なノリに変わってきました。日本より早く解除の動きがあったお隣の国では早くも第二波がというきな臭いニュースも伝えられ、新型コロナウィルスの感染拡大はいつになったら収まるのか不安は尽きないところですが、『今年一杯は・・・。』『冬にはもっと手強い第二波が来ます。』『いやいや、あと一年くらいは収まらないですよ。』と専門家ですら新型のウィルス故に意見もバラバラなのが本当に悩ましい。しかし緊急事態宣言下においても少しだけ街に明るさが戻って来たのはやはりうれしいこと。今年の一月中旬頃から突如沸き起こった新型コロナウィルスの感染拡大。未だにウィルスの実体が解明できないからなのか、具体的に何がどうなってしまうのかもわからないまま室内外に関わらずマスクが欠かせない日常生活になってしまった。細菌兵器といわれるサリンによるテロ事件や震災時の原発事故による放射能漏れの際にも国民がここまで追い込まれたことは無かっただけに、『正しく恐れる。』という言葉に戸惑いながらの生活が続いてきました。こうしたことが起こる度に多くの犠牲を伴いながら人類は進化してきたのかも知れませんが、良いことならまだしも悪いこととされる部類の歴史に立ち会ってしまうのはとてもツラいものがあります。どうにかこのまま新型コロナウィルス感染拡大終息に向かいですし、一日も早くこの間に寸断されてしまった大切なものを取り戻したいものですが、『そろそろ緊急事態宣言解除か?』という雰囲気に歩調を合わせるように、ドラッグストアには昨日までは全く無かったマスクが突然現れ、しかし昨日までは店に入るなりキョロキョロとマスクを探していた人々が、『(もういらないわよ!)』とばかりにそのマスクを誰一人買わないという手の平返し(笑)どちらにせよ心から安心して生活できる日を取り戻すまで油断は禁物。
200509.jpg

ステイホーム

Posted by 休日楽人 on  

川向こうのスーパーまでは徒歩で二十分ほど。川沿いに整備されているサイクリングロードにはランニングやサイクリングをしている人がおり、川原には若者の集団と数家族がバーベキューをしている。『ステイホームったってさぁ、先週の休みもそうだったし今度の土日も外出自粛でしょ!たまには外に出ないと息が詰まっちゃうよ・・・。』自粛を重ねて頑張っているのに、その弊害によるものなのか様々な軋轢を目にするようになってきた。専門家が語った最悪のシナリオ・・・。そうならないように万物の力によって新型コロナウィルスの感染拡大が終息に向かうように強く願います。200506.jpg

明るい未来へ

Posted by 休日楽人 on  

『いやぁ~!オンライン飲みっていいっスね~!毎晩AM3時4時までっスよ!(笑)家に帰る心配をしなくていいのがホントいいっスよね!(笑)』『でも家の中が見えちゃうのとつまみが貧相だと恥ずかしいのよね!(笑)』たくましいのかはたまたノンキであるのかこうした緊急事態にも、『だって気にしたって仕方がないジャン!』とでも言いたげなその場の雰囲気に、自分は酒が飲めないということを差し引いてもそのノリに着いていけず、会話の輪から少しずつ少しずつ離れて行きました。命を守る行動を取ることや壮絶な医療現場のこと等が連日報道されていますが、どうしても気になってしまうのが経済活動の再開について。日本のみならず世界各国の状況も不安が尽きませんが、ただでさえ言葉や文化が違うという不安を抱えているのに、それに加えて新型コロナウィルスへの感染という恐怖にも苛まれながら日本で働いている外国の若い方々の姿を見ていると、一日も早くそれらの不安が取り除かれる日が来ることを願わずにはいられません。日本という国を好きになって頂くためにも、新型コロナウィルスの収束と経済活動の回復が望まれます。
200503.jpg

たぐり寄せよう

Posted by 休日楽人 on  

緊急事態宣言によってほとんどのカフェが休業となったことに加え、五月を目前に自動販売機のHOTもCOLDに差し替えられてしまい、真夏でも珈琲はホット(ブラック)しか飲まない私にとって不遇の季節に突入。そこで割高ではあるものの、飽きないように三~四銘柄の缶コーヒーをローテーションして電子レンジで温めて飲む日々。カフェが営業再開した折には値上がりも予想されますが、『頑張れニッポン!頑張れ世界!』の回復の想いを込めた分だと思えばより味わって飲めるはず。そんな日が早く来ますように・・・。200502.jpg

夏日

Posted by 休日楽人 on  

『(来た!来た!来た!来た~っ!)』待ちに待った夏日。しかし今日は風が強くて夏日感はそれほどでもなかった。昨日、その手の真面目な話がとても似合わない後輩から、『コロナウィルスって紫外線とか湿気に弱いらしいっスよ。』と聞いたばかり。これで潮目が少しでも変わることを期待したい。
200426.jpg